家族葬にする?葬儀の形式

形式の自由化で増えた家族葬

形式の自由化で増えた家族葬 お葬式というのは、亡くなった大切な家族を送る場です。一般的なお葬式の形というのが人の中でイメージされていることは多くありますが、最近では昔と比較するとお葬式の形というものも非常に自由になりつつあり、お葬式を開く家族側がどのような形式のお葬式にするのか決められるようになってきています。

一般的なお葬式といえば、宗教に則って行うもので、幅広い方に参加してもらうことができるような式です。このような場合は、華やかに故人を送ることができますし、何より故人と親しかった多くの人に参加してもらうことができるというメリットもあるので、今でも一般的な形式でお葬式を行うという人が多くいます。しかし、最近では一般的な形式のお葬式以外にも利用する人が増えつつあるお葬式の形式というのが存在します。それが家族葬と呼ばれる形式のものです。最近ではこの家族葬を利用するという人が増えていることからも、この名前を聞いたことがあるという人も多くいるでしょう。では、どのような形式の式になっているのか、特徴を紹介します。

家族葬というのは、名前を見て大体理解できる人もいるでしょうが、家族や近しい関係の人たちのみでこぢんまりと行うお葬式のことです。最近では、昔と比較すると高齢の人も増えています。よって、お葬式に参加することができないという人も増えています。その結果、参列できる家族のみで行うお葬式というものが人気を集めています。また、高齢化が要因になっているだけではなく、昔と比較すると人間関係が希薄になっているということもあります。そのため、家族のみで行う家族葬でも十分と考える人が非常に多くなってきており、これも家族葬が選ばれることが多くなっている理由の一つです。

もちろん、参列する人が多い場合は一般的な形式のお葬式でも十分ですが、上記で紹介した通り、参列する人が少ないというケースの場合は家族葬を選択すると良いでしょう。ニーズの増加によって、家族葬に対応する葬儀会社も多くなっています。もしお葬式を開くことになった場合に家族葬を執り行うことを検討しているのであれば、家族葬が可能であるかどうかをまず葬儀会社に確認しましょう。家族葬に対応してもらえるようなら、それぞれの家庭の希望や要望などを伝えて、希望に合ったお葬式にしてもらうのがおすすめです。お葬式の形式がある程度自由になっている現代ですから、家族や故人の意向などに沿った素敵なお葬式で、大切な人を見送る大切な時間を築くようにしましょう。

トピックス