家族葬の呼ぶ範囲

家族葬をすると決まった時に悩んでしまいがちなのが誰を呼ぶかという点です。呼ぶ人で迷った時には、これから紹介をする内容を参考に、遺族で話し合いながら決めていくと良いでしょう。

家族葬という名前ではありますが、実際に呼ぶ人を家族や親族のみに限定しなければならないという決まりは定められていません。そのため、故人の親しかった友人なども呼びたいと思っている場合は、招待して参列してもらっても大丈夫です。中には、呼ぶか呼ばないかで悩む人もいるでしょうが、迷ってしまう場合は呼ぶというのも一つの手でしょう。

呼ぶ人が限られてくる家族葬ですが、実際に参列してもらう人を決めたら案内を出しましょう。この時気を付けるべき点は、呼ばない人には案内をしないという点です。中には、家族葬だと告げられたから自分も参列して良いのだと受け取ってしまう人もいます。そのため、呼ばない人には案内を出さない方が誤解を招くこともありません。呼ばなかった人たちにはお葬式が終わった後に手紙などを使って報告するようにすると良いでしょう。

決まりがない家族葬だからこそ、故人の大切な人たちと最後の時間を過ごすことができます。案内の出し方については、トラブルなどが起こらないよう慎重に進めていくようにしましょう。